スポンサーリンク
NO IMAGE

パン屋

街の中で、歩みを止めてパン屋に入る。まだ午後も早い時間。店に入るなり、すぐに香ばしい匂いが鼻をよぎる。クロワッサンとコーンの乗ったパンをトレ...

記事を読む

NO IMAGE

知らない人から声をかけられる

今でこそ、坊主頭になって町中で誰も話しかけては来なくなったけれど、以前は町中で誰彼となく知らない人から声をかけられる事が多かった。どういった...

記事を読む

NO IMAGE

まとう

今、僕の目の前に座る理想の女性について話そう。彼女は大学が運営する大きな図書館の1階から4階までの、吹き抜けに面した4階の席に座り本を読んで...

記事を読む

NO IMAGE

建てる

以前、軒先にケーブルテレビ用の補強ポールを建てる仕事をしていた人に会った。彼の名前は内藤さんといって、個人宅にケーブルテレビを導入する際に、...

記事を読む

NO IMAGE

すきま

駅のフォームで電車のすきまに私はハンドバックを落とす。すぐさま、青と黄色のマジックハンドを持った駅員が駆け寄って、落としたハンドバックを拾お...

記事を読む

NO IMAGE

ミステリー

まずは私の自己紹介をしよう私はジークフロイド・フォン・クリストフ樣のお屋敷を取り仕切る執事のクロイツェルと言う。私はこの界隈、特にフィネガン...

記事を読む

NO IMAGE

スパーク

視聴率挽回を狙って、テレビ局が画期的なチューナーを秘密裏に開発したという噂が流れる。噂を聞きつけ、僕はネットの闇ルートから、数十万円はたいて...

記事を読む

NO IMAGE

学生の時に出会った、ある女の子は自分の好きな時に涙を流す事ができる才能を持っていた。それはまったく素晴らしい才能だった。いついかなる時でも、...

記事を読む

NO IMAGE

湯気

湯気にあてられて、ふらふらとドアから外に彷徨う。夜空は分厚い雲に覆われ、月はいくばくも地上を照らしてはいない。遠くから太鼓の音が聴こえ、私は...

記事を読む

NO IMAGE

電球

ここ1ヶ月で家の中の電球が立て続けに切れた。一つ目はリビングのテーブルに上につけていたメインでつけている明かり、エジソン電球復刻版というわり...

記事を読む

NO IMAGE

立ち往生

街の中心のある横断歩道で大きな事故が起こり、駅へと向かうバスが渋滞で立ち往生する。いつもなら自転車に乗って駅へ行くのだが、朝、雨が降っていた...

記事を読む

NO IMAGE

もようがえ

主人には内緒なんですけど、今度部屋のもようがえをするときに一緒に捨てる事にしました。そうです、階段の真ん中にあるつや消し銀のフレームにはいっ...

記事を読む

NO IMAGE

お米

むかしむかし、スーパーマッケットでは抽選会なるものが頻繁に行なわれていた。今だとコーヒーを飲むと缶にシールがはられていて、それを集めてはがき...

記事を読む

NO IMAGE

工事現場

駅から南へ15分程歩き、街一番の商店街を抜けて、そこから交差点を渡って3件目の大通りに面した場所に、ぽっかりとその工事現場はあった。突然現れ...

記事を読む

NO IMAGE

困ったことに・・

困ったことに、私の飼っている乳牛が買い物から戻ってこない。乳牛はここ数日は可哀想なことにいささか不調だった。不調がゆえに朝ミルクを絞る事が出...

記事を読む

NO IMAGE

インフルからの、それとも何かからの回復

年末にノロウイルスにかかり、正月以降、そのままふらふらしていたらすぐにインフルエンザにかかった。心理的なものなのか、2012年から延々と体調...

記事を読む

NO IMAGE

カチアートを追跡して ティム・オブライエン

1979年、「カチアートを追跡して」はジョン・アーヴィングの「ガープの世界」と競り勝って全米図書賞を受賞した。アーヴィングの「ガープの世界」...

記事を読む

NO IMAGE

The Brooklyn Follies ポール・オースター

そのストーリーが本当に起こった事であればどういった内容でもかまわないという、ポールオースターがラジオ番組で始めた企画「NationalSto...

記事を読む

NO IMAGE

夏服を着た女たち アーウィン・ショー

ちょっとぶらぶらして酒を飲み、1杯気分で家に帰ってくると原稿を読んだ奥さんが部屋で荒れくるっていたという、この「夏服を着た女たち」はアーウィ...

記事を読む

NO IMAGE

私を離さないで カズオ・イシグロ

映画にもなった「日の名残り」でファンになって以来、きちんと原書で読んでいる数少ない作家「カズオ・イシグロ」の作。最初はハードカバーだけのリリ...

記事を読む

NO IMAGE

Xのアーチ スティーブ・エリクソン

この小説を初めて読んだ時は、まずその世界の壮大さに「がつん」と来たものだった。当時なんとなくブームだった「癒し」という言葉に辟易していたとき...

記事を読む

NO IMAGE

グレートギャツビー スコット・フィッジェラルド

村上春樹氏がいなければ、これほど日本で知られる事がなかったのは確実な「グレートギャツビー」。その村上氏の訳を読み終えてまず思ったのが「こんな...

記事を読む

NO IMAGE

小説作法 スティーヴン・キング

かつては、メジャー過ぎるスティーヴン・キングが好きだと大っぴらに言って回るのはなんか抵抗があった。大学の頃に同じゼミの人と海外文学について、...

記事を読む

NO IMAGE

オウエンのために祈りを ジョン・アーヴィング

初めてこの本を見つけたのは震災の起こる前のとある神戸の古本屋だった。よれよれでちょっと茶色に変色していたけれど、たったの300円だった。アー...

記事を読む

NO IMAGE

交換教授 デヴィッド・ロッジ

学生の頃、なんとなく履修した英米文学演習の授業で、教科書になっていたのがこのデヴィッド・ロッジの書いた「小説の技巧」という本だった。この本は...

記事を読む

NO IMAGE

ファイトクラブ チャック・パラニューク

デヴィッド・フィンチャーの映画「ファイトクラブ」が公開された時、劇場にはってあるポスターが何枚も盗難にあった。それもブラッド・ピットの部分だ...

記事を読む

NO IMAGE

ニュークリア・エイジ ティム・オブライエン 

あれは確か小学校の高学年の頃、僕は大阪の中心街へ行く事を怖がっていた。中心街たる梅田に向かう阪急電車に乗りながら、原子爆弾がもし、今大阪の上...

記事を読む

NO IMAGE

万里の長城 ノート1 フランツ・カフカ

死ぬ前に、カフカが全ての作品を捨ててくれと頼んだ友人マックス・ブロートがそうしなかったおかげで、今では誰もがカフカの小説を読む事が出来る。た...

記事を読む

NO IMAGE

体の贈り物 レベッカ・ブラウン

いくら翻訳している柴田元幸さんがこの本は読んでみないと魅力をわかってもらえないと言っていても、最初はやはり手に取るのに気が引けた。余命いくば...

記事を読む

NO IMAGE

かわいい女 レイモンド・チャンドラー

「長いお別れ」がチャンドラーの最高傑作だということに異論の余地はないと思うけれど、じゃあ2番目は?となると結構悩む。チャンドラーは基本的に話...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3