書評 一覧

スポンサーリンク
P1030042

エア出品 おすすめ短編小説20選

僕の暮らす山崎地域の京都側大山崎町で、11月21日~23日に「おもてなしウィーク」というのが開催されます。「おもてなしウィーク」は町あげての...

記事を読む

NO IMAGE

カチアートを追跡して ティム・オブライエン

1979年、「カチアートを追跡して」はジョン・アーヴィングの「ガープの世界」と競り勝って全米図書賞を受賞した。アーヴィングの「ガープの世界」...

記事を読む

NO IMAGE

The Brooklyn Follies ポール・オースター

そのストーリーが本当に起こった事であればどういった内容でもかまわないという、ポールオースターがラジオ番組で始めた企画「NationalSto...

記事を読む

NO IMAGE

夏服を着た女たち アーウィン・ショー

ちょっとぶらぶらして酒を飲み、1杯気分で家に帰ってくると原稿を読んだ奥さんが部屋で荒れくるっていたという、この「夏服を着た女たち」はアーウィ...

記事を読む

NO IMAGE

私を離さないで カズオ・イシグロ

映画にもなった「日の名残り」でファンになって以来、きちんと原書で読んでいる数少ない作家「カズオ・イシグロ」の作。最初はハードカバーだけのリリ...

記事を読む

NO IMAGE

Xのアーチ スティーブ・エリクソン

この小説を初めて読んだ時は、まずその世界の壮大さに「がつん」と来たものだった。当時なんとなくブームだった「癒し」という言葉に辟易していたとき...

記事を読む

NO IMAGE

グレートギャツビー スコット・フィッジェラルド

村上春樹氏がいなければ、これほど日本で知られる事がなかったのは確実な「グレートギャツビー」。その村上氏の訳を読み終えてまず思ったのが「こんな...

記事を読む

NO IMAGE

小説作法 スティーヴン・キング

かつては、メジャー過ぎるスティーヴン・キングが好きだと大っぴらに言って回るのはなんか抵抗があった。大学の頃に同じゼミの人と海外文学について、...

記事を読む

NO IMAGE

オウエンのために祈りを ジョン・アーヴィング

初めてこの本を見つけたのは震災の起こる前のとある神戸の古本屋だった。よれよれでちょっと茶色に変色していたけれど、たったの300円だった。アー...

記事を読む

NO IMAGE

交換教授 デヴィッド・ロッジ

学生の頃、なんとなく履修した英米文学演習の授業で、教科書になっていたのがこのデヴィッド・ロッジの書いた「小説の技巧」という本だった。この本は...

記事を読む

NO IMAGE

ファイトクラブ チャック・パラニューク

デヴィッド・フィンチャーの映画「ファイトクラブ」が公開された時、劇場にはってあるポスターが何枚も盗難にあった。それもブラッド・ピットの部分だ...

記事を読む

NO IMAGE

ニュークリア・エイジ ティム・オブライエン 

あれは確か小学校の高学年の頃、僕は大阪の中心街へ行く事を怖がっていた。中心街たる梅田に向かう阪急電車に乗りながら、原子爆弾がもし、今大阪の上...

記事を読む

NO IMAGE

万里の長城 ノート1 フランツ・カフカ

死ぬ前に、カフカが全ての作品を捨ててくれと頼んだ友人マックス・ブロートがそうしなかったおかげで、今では誰もがカフカの小説を読む事が出来る。た...

記事を読む

NO IMAGE

体の贈り物 レベッカ・ブラウン

いくら翻訳している柴田元幸さんがこの本は読んでみないと魅力をわかってもらえないと言っていても、最初はやはり手に取るのに気が引けた。余命いくば...

記事を読む

NO IMAGE

かわいい女 レイモンド・チャンドラー

「長いお別れ」がチャンドラーの最高傑作だということに異論の余地はないと思うけれど、じゃあ2番目は?となると結構悩む。チャンドラーは基本的に話...

記事を読む

スポンサーリンク