我々は自分たちの建物をつくり上げる、すると今度は築いた建物が我々を形作る事になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

38533801_1820653398026502_8024433101587349504_o
 

先週の8月3日(金)の夜は、気になるイベントが2つ。1つ目は中村佳穂さんの企画ライヴ「pray play for U」。2つ目は島本町のふれセンで農業会のスーパースター西辻さんの講演会「農地を活かした町づくり」。

うわーどうしようかなと、うーんかぶったな。どうしよっかなと、どっちも魅力的だから本当にどうしようと考えた結果、どっちも行けませんでした、という事になった。とりあえずライブは「新曲がめっちゃいい!特にスティーブの鈴が」とのコメントを残したPuoが行く事に。折家は息子の参加が難しいのでライブとか観劇とかはたいてい順番になります。あ、そもそも子連れで講演会も無理だ。

で、僕はこの夜どこにいたかというと、梅田のウルトラマン専門ショップで、ウルトラマンアクア!ウルトラマンルーブ!とか叫ぶ息子を後ろで眺めているという状態でした。2人でラーメン食べて帰宅。人生そんなもんだ。
 

そんな風に残念がっていたら講演会「農地を活かした町づくり」を撮影してくれたにょっきの中の人が、DVDを届けてくれました。ありがたし。

中村佳穂さんライブの方は帰宅したPuoが「佳穂さんキラキラしてたし、スティーブエトーはほんまに60歳なんか?お肌すべすべやし、オーラすごかった」という熱いコメントをいただいたのでまぁ良しとします。ニューアルバム発売と自主レーベルの決定おめでとうございます。先日、運良く内輪話を色々聞けたのもあって、めちゃめちゃ楽しみにしています。
 

そんなこんなで「農地を活かした町づくり」のDVDのみを、なんとか見ることができました。ちらしはこれです。

37695157_1897960690246782_6295776569596051456_o

西辻さんは5歳から大根とか育ててた。農家になると母親に言った時「何作りたいん?と母にきかれて」「仙豆」と答える辺りが並ではありません。で、本当に豆の研究したりとか。
1回しか見てなくてうろ覚えですが、講演の内容で印象に残った事を書いておくと、
 

「農業の研究は、ほとんどは作物をどれだけたくさん作ることができるかを考えている。病気に強いとか、グリーンハウスなどで1年中作物が穫れるようにする(いちごなど)とか。でも僕が思ったのは、そういう作物の生産効率じゃなくて、作る人を増やすという考えは誰もしてないんじゃないか、農業に従事する人を増やす研究を誰もしていない」
 

「自然がなくなると私たちは寂しいと感じるんです、本能的に」
 

「自産自消をすすめる。田んぼや畑があると人は距離が近くなる。「自然」と「人」を近づけていくこと。農業を通じて気づきがうまれる環境を作る」
 

「今は森の幼稚園も計画中、海外も上海の中国人でさえ、そろそろ田んぼの価値に気がつき始めている」
 

「都市農地は宅地化すべきものから、都市にあるべきものへと方針の大転換がなされている。これは別に僕の会社が推進しているわけでなく、国としてそうしていこうという流れになった。ということです。法律が変わって9月から施行されます。」

などなど。
郵便局のコピーみたいに、彼の話は夢だらけだった。しかも既に実現しているものや、可能だと感じさせることばかり。凄い人だった。

 
興味を覚えて、都市計画に関するタウンミーティングもあるし、さらに勉強しようかと軽くWEB検索。すると既に都市農地を生かしたまちづくりの推進をしている市がいくつも出てくる。ちょっと調べても横浜市、国立市、神戸市、近場だと枚方市とかも取り組んでいるのかと色々出てくる。細かい所は把握してないですが、農地で利益を出しつつ、田畑を維持する方法があるじゃないか!と嬉しくなる。うまく進めればJR西側の地権者の方も町の人も両方が大いに得をする方法があるじゃないかと。
 
で、嬉しくなってこのブログを書いていたら、ついさっき、本当にさっき、建築(予定)の内容が出た。議員の中田みどりさん達が、ずっと情報開示を求めていた分だ。1年4ヶ月を経てようやく公開。根性だ。それが一番上にはりつけた写真だ。
 
これを見て言葉を失った。盛り上がった気持ちがフリーフォール(古いか。。)ここまで盛り上がった気持ちを見事に落としてくれた。
 
元英国首相のチャーチルは「我々は自分たちの建物をつくりあげる、すると今度は築いた建物が我々を形作る事になる」という言葉を残している。
 
時代に逆行して農地潰して、こんな住宅地を作るなんて本当に馬鹿げている。これは嫌だ。これだと島本町は大阪と京都のベッドタウンになりますと宣言しているだけじゃない。

これは島本町からオリジナルな特色を奪い取ることになる。彼らは本当に分かってるんでしょうか、これを推進しようとしている人は。この開発がこの場所だけの話だけではないことを。

これを建てたら島本町は、自然や農地を活かすという考えを放棄することと同義だ。これを建てたら、金輪際、島本町は自然と水の町などと言う事すら恥ずかしい。同じ町内に、サントリー山崎蒸溜所があるのが申し訳なくなるほどに。

 
チャーチルの言うように、建物が我々を形成するのであれば、この開発が行き着く先は、こないだの選挙で忘れもしないネタ「高槻との合併」だ。

想像してみればいい。開発に反対した人たちはこのまま計画が進めばどういう気持ちになるか。毎日駅からこの開発を眺めて過ごす気持ちを。役場への信頼感などもう木っ端微塵になくなるだろう(今ですらギリギリだ)し、無関心になり、協力を拒むようになる。僕だって許さないし、こんなのを作るならさっさと、どことでも合併すりゃいいぐらいの気持ちになっている。前の選挙で島本町の良さを信じて投票した人がどうなるか。これは飛躍でもなんでもない。

講演の中で、西辻さんは「100年後にどういうものを残したいかと考えて見て欲しい」と言っていた。僕が息子とその次の世代に残したいのは残したいのはこんなものではない。僕が残したいのはこっちの方だ。

スクリーンショット 2018-01-21 22.07.47

山田町長、選挙で書いていた50年後の責任の覚悟。あなたや役場の方達が50年後に残したいのは本当に住宅地なんですか?僕はそれが知りたい。こんな所に書いてもしょうがないのは分かってはいるけれど、書かずにはおれない。タウンミーティングで本当の所を聞かせて欲しいです。

なお、タウンミーティングは8月7日(火)が締め切りです、関心がある方は参加しましょう。

JR島本駅西地区の都市計画に関するタウンミーティング

8月2日(木曜日)から8月7日(火曜日)まで 午前9時から午後5時30分まで(土曜日・日曜日を除く)

A地域
対象者:大沢、尺代、山崎、東大寺、広瀬、若山台にお住まいのかた
1.
開催場所:広瀬公民館
日時:8月9日(木曜日)午後2時から
2.
開催場所:島本町営緑地公園住宅集会所
日時:8月9日(木曜日)午後7時から
3.
開催場所:島本町営緑地公園住宅集会所
日時:8月11日(土曜日)午後2時から
 
B地域
対象者:青葉、桜井、桜井台、百山、水無瀬、江川、高浜にお住まいのかた
1.
開催場所:桜井公会堂
日時:8月10日(金曜日)午後2時から
2.
開催場所:メゾン水無瀬集会所
日時:8月10日(金曜日)午後7時から
3.
開催場所:桜井公会堂
日時:8月11日(土曜日)午前10時から
 
注意1)開催順に記載していませんのでご注意ください。
注意2)会場の都合上、地域ごとにタウンミーティングを実施しますので、それぞれお住まいの地域での参加申し込みをおこなっていただくようお願いします。
注意3)お一人様につき一回限りの参加とさせていただきます。
注意4)各会場には駐車場がないため、お車での来場はご遠慮ください。


申込方法 

都市計画課で電話にて受付または、町ホームページ申込フォームからお申し込みください。
申込フォームへのリンク

注意1)いずれも先着順。

注意2)会場の都合上、定員に達した場合、お越し頂けない場合がありますのでご了承ください。
 

申込期間 

8月2日(木曜日)から8月7日(火曜日)まで 午前9時から午後5時30分まで(土曜日・日曜日を除く)

申込フォームは閉庁時および土・日曜日の受付をおこないます。

http://www.shimamotocho.jp/gyousei/kakuka/tosisouzoubu/tosikeikakuka/youtochiiki/1527566556520.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>