弦(げん)じゃなくて弦(つる)だそうで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

P1030816

1月と2月。弓関係の撮影で、京都市内の某学校の弓道場と島本町の尺代へと赴く。

去年から撮影できる弓道場と、使える弓と矢と弓道着探しで大いに手こずり、スタッフの皆様の活躍で、今年になってようやく撮影が可能になりました。

シナリオ段階では、あまり深く考えずに、弓をズバッと放つなどと書いていますが、実際に素人が弓を放つとなると全然簡単ではありません。

元々、僕は弓の知識がほとんどなく、知ってることと言えば、あだちみつるの漫画「H2」の「ひかり」とか、ロード・オブ・ザ・リングのエルフ「レゴラス」のオーランド・ブルームとか、アメドラのウォーキング・デッドの「ダリル」ぐらいのみ。聞けば素人が何にも考えずに弓をうつと、弦(げん)、おっと失礼、弦(つる)が顔にあたって耳がちぎれるとか、全然真っ直ぐ飛ばないとか。

さらに弓(道)である以上、作法というものがあります。アーチェリーなら弦(げん)でもいいけど、弓道は弦(つる)と呼ぶそうで。

そういうわけで、弓道の経験者であるMr,オオバにお願いし、指導を受けることになりました。

お手本を見せてもらうと、足裁きとか姿勢とか構えがもう、かなり雰囲気あるわけです。音で言うと「サッ」「シュッ」とかそういうサ行の音です。これが素人だと「ザザザ」とか「ババ」とか、何かこう、力入りまくる擬音みたいな音がします。

そんなこんなで指導いただき、ついでに弓に短い矢と長い矢があったので、撮影の合間に質問してみました。

僕「敵の距離ですよねこれ?短いのは近くて、長いのは遠い敵とか」

コーチ「いや、遠かったら弓の角度を上に向けるだけだから関係ない、これは手の長さ」

そりゃそうです。

というわけで、弓のシーンを撮影しています。2月だしとても寒いです。室内で暖かいと思われた道場すらも、行ってみたらほぼ室外なわけで、さらに靴を脱いでいるため、道場内の方が寒いぐらいでした。

それでも、コーチの熱血指導もついでに撮影、映画撮影というよりも教材ビデオみたいなものが出来ました。

弓のシーンは話としてはピークではないけれど、アクションのある華のあるシーンです。力をいれないと成り立たない気の抜けない難所ばかり。

弓の撮影は、まだ当分続きますがよろしくお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>